歯科医師は、歯の治療だけではなく、舌やあごなどの口腔内全般の診察や治療を行う仕事です。
近年では、歯の矯正やホワイトニングなどを行う審美歯科を専門に行う歯科医院もあります。
具体的な仕事の内容としては、虫歯や歯周病の治療を中心に、歯や歯茎に関する疾患の治療、親知らずを抜歯したり、歯周病の原因となってしまう歯石の除去、失った歯の代わりをする入れ歯や義歯の作成などを行っています。

神澤光朗が代表を務めるF.D.P(フレンドリー・デンタル・パートナーズ)とは?

 

小児歯科も歯科医師の重要な仕事

小児歯科も歯科医師の重要な仕事です。
子どもの歯は大人の歯とは異なり、成長に伴う歯並びやあごの骨の形のチェックなども行います。
子どもの歯並びに力を入れている歯科医院では、子どもの頃からできる歯列矯正も施術しています。
他にも、歯並びやホワイトニングなど歯を美しく見せることを目的にした審美歯科を専門としている歯科医院もあります。
また、入れ歯よりもしっかり物を噛めるインプラン治療なども仕事です。
現在は、プラークコントロールなどによって病気を予防するケアが盛んに行われています。

 

歯科医師になるためには?

このような歯科医師になるためには、大学で6年間歯科学を学んだのちに、歯科医師国家試験の受験資格を得られます。
国家試験に合格した後は、1年以上の臨床研修をすることで歯科の医師として働くことができます。
大学では、歯科保存学や歯科補綴学、口腔外科学、歯科矯正学などを学びます。
歯だけではなく、医師と同様に全身の解剖学や生理学、病理学の基礎も学び、人体が解剖も行われます。
加えて附属の大学病院での実習も行われ知識とともに技術も取得します。
近年の国家試験の難易度は年々上がっていて、合格率が低くなっているというのが現状です。
試験の内容そのものが難しくなっているため、合格率が下がっていると考えられます。
現在歯科を専門とする医師が増えすぎているため、難易度が高くなっているとされています。
都市部の歯科医院の数はコンビニよりも多いため、歯科業界での競争は激化しています。
そのため、歯科の医師になった場合には開業医になりたいのか、附属病院で働きたいのか、開業した場合には歯科医院の立地はどうするのかなどを考えた上で目指すことが重要となります。

 

開業医なら分野特化型の治療を行うことがおすすめ

開業医になりたいという場合には、分野特化型の治療を行うことがおすすめです。
特に都市部では歯科医院の数が増えているため、自分の歯科医院の特色を出さなければ患者が来ないということも考えられます。
歯科医師になりたてならば、一般的な歯科治療を中心にして多くの症例を治療して知識と技術を磨いていくことが必要ですが、将来的に専門の歯科医院を開業したいのであれば、その専門した科を見据えた上で勤務する歯科医院を選んでいきます。
歯科としての技術を磨くと同時に、独立するためのノウハウや経営などを学んでいくことも重要です。
また、開業せずに大学病院などで働くという道もあります。
高度医療を行う大学附属病院であれば、珍しい症例や口腔癌などの高度の治療を行っています。
他にも、口腔機能障害、口の中が問題で起こる言語障害などの機能維持や回復を目的にする口腔リハビリテーション、口腔外科治療など開業医では治療の難しい幅広い症状の治療を経験できます。
大学病院では、最先端で高度な治療を行うことができるという開業医にはない魅力があります。
少数ではありますが、医師として働くのではなく歯科クリニックで使用する機器やツールを製造開発するメーカーや、歯科治療で使われる薬を開発する製薬会社、検査機関などの一般企業に就職するという選択肢も選べます。

 

歯の健康を守るのが歯科医師の仕事

人間の健康に歯は大きく関わってきます。
しかし、痛みや炎症が起きてしまうと食べ物を食べにくくなってしまいます。
そんな歯の健康を守るのが歯科医師の仕事です。
適切な治療を行って、歯の調子を取り戻したり、機能を回復させるなどが主な仕事となっています。
患者のために最善を尽くし治療によって患者の歯の機能を取り戻せるというのが、この仕事の最も魅力的な部分と言えます。
また、口の中の治療は難しいため技術力が必要になる職業です。
難しい治療を完治できた際にやりがいを感じられるというのも大きな魅力です。
歯は全身の健康につながる大事な期間です。
歯や歯茎などの口腔内の健康が全身の健康へとつながっています。
口腔内の健康が病気の予防につながっていることもわかっています。
噛み合わせが合うことで肩こりや頭痛などを予防することができ、健康的な食事ができるようになり、歯周病が動脈硬化を引き起こし、そこから狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの大きな病気につながることもわかっていて、歯周病を防ぐことで大きな病気を予防できます。

 

まとめ

歯科を始め医療分野は常に進歩しています。
歯科の医師は診察や治療だけではなく、学会や勉強会などに出席して勉強しながら、自らが研究の精度を高めていくことも求められます。
大変な仕事ではありますが、向上心を持って技術を磨けるという人には向いている職業です。