雛人形はひな祭りにおけるシンボル的な存在で、古くは平安時代にまで遡るとされています。

現在の形になったのは江戸時代以降のことで、それまでは紙で作った人形が使用されていました。

平安時代当時の風習は流し雛と呼ばれ、穢れを払う意味で行われてきた歴史があります。

時代が下り江戸時代に入ると、女の子の人形遊びが節句の儀式と繋がり、それが今の形に結びついています。

何時しか風習は全国に広まり、そして3月に入ると人形が飾られるようになりました。

3月がひな祭りになったのは安土桃山時代頃とされるので、とても長い歴史があると分かります。

江戸時代では武家が嫁入り道具として雛人形を持たせ、家財の1つに数えられるようになっています。

その為、当時は贅沢な作りが行き過ぎてしまい、幕府の倹約政策によって一時的に禁止されたほどです。

ただ制限はサイズや蒔絵に限られたことから、非常に小さな芥子雛が作られ始め、やがてブームになりました。

このように、時代と共に変化して形を変えてきましたが、現代になっても伝統的なものから簡略化したタイプまで、実に様々な種類があります。

段数の多い本格的なものだと、人形の数も増えて場所を取りますから、現代の平均的な家庭からすると設置も保管も困りものです。

しかし段数を減らしたコンパクトなタイプであれば、両手で持って持ち運べるほど、サイズもスペースも小さく済みます。

勿論、従来の伝統的な7段飾りも選ぶことができますし、スペースや予算に問題がなければ、このタイプの方がひな祭りをゴージャスに演出してくれます。

それでも、今後嫁入り道具として持って嫁ぐか、将来的に処分するか念頭に置いておくことが大切です。

雛人形は女子の健康や幸せを願うもので、成人したら処分を行うケースも少なくないからです。

処分といっても捨てるだけでなく、誰かにもらってもらうのも1つの方法ですし、姉妹で受け継ぐのもありでしょう。

解釈や価値観にもよりますが、親子で受け継ぐ手も考えられますし、今後の扱いを早い段階で検討しておくのが理想的です。

飾るだけでひな祭り気分が一気に盛り上がり、特別な気分になれるのが魅力ですが、精巧に作られている人形の1つ1つや、段飾りのようなスタイルもまた魅力です。

日本で生まれ独自に発展した人形なので、近年は日本好きの外国人からも注目を集めます。

赤いひな壇は、ひと目見ただけで興味を引くインパクトがありますし、そこに綺麗に並べられる人形も素敵です。

トップの内裏雛を筆頭に、三人官女や五人囃子に随身、そして仕丁といった人形で構成されています。

内裏雛は雛人形を代表する主役で、天皇皇后の両陛下を模したものだといわれます。

ちなみに男雛をお内裏様、女雛をお雛様と呼ぶのは間違いで、正確には2体1組で内裏雛、あるいはお内裏様と呼ぶのが正解です。

誤解が広まったのはひな祭りの歌の歌詞が原因で、作者は後に誤りを認め、ずっと気にしていたという話があります。

三人官女は宮中の女官を模したもので、一般的には名前の通り、3体を1組として2段目に飾ります。

手にはそれぞれ島台や三方と長柄、提子といった道具を持ち、中央にはリーダー格が配置されます。

このリーダー格は眉が剃られ鉄漿をつけているので、既婚者を表しています。

五人囃子はお囃子を奏でる五人衆のことで、歌にも出てくるようにお内裏様と三人官女に続き、3段目に置かれるものです。

5人には謡や笛と小鼓に大鼓、それから太鼓が持たせられており、ひな祭りを盛り上げる役割を担います。

楽器は雅楽の楽人のケースもあって、その場合はまた手に持たせる楽器の種類が異なります。

雛人形はどれも同じに見えても、時代と地域や製造するメーカーによって、組み合わせに差が生じます。

正しい飾り方は製品によりますから、説明書があるなら事前に確認を行い、ないのであればメーカーに問い合わせるのがおすすめです。

主役の内裏雛を間違えることはまずありませんが、他の雛人形は配置が曖昧になってしまうことが珍しくないです。

思い込みで正しい配置と誤解することもないとはいえませんから、一度確認するのは良いことだと思われます。

4段目の随身は武官や少将といった身分の人形で、5段目の仕丁は従者や護衛などで構成されます。

基本はこれらの組み合わせですが、メーカごとに独自の人形が追加されていたりします。

七人雅楽は五人囃子に2つの人形を追加したもので、見た目がより豪華になるのが魅力的です。

8段飾りを提供しているメーカーでは、三歌人を加えてボリュームを大きくしています。

他にも鶴亀や稚児を始めとして、紫式部や清少納言と小野小町の三賢女も追加されるケースがあります。

いずれにしても絶対的に正しい組み合わせというものはなく、基本形を中心に追加したり、逆に簡略化で縮小しているものも存在します。

時代の流れでフルセットを飾る家庭は減少していますが、今でも女の子に人気なのは間違いなく、飾りやすいコンパクトサイズがこれからの主流に成りつつあります。