雛人形の歴史

雛人形の歴史は、古くは縄文時代の土偶や古墳時代の埴輪に遡ることができます。
土偶や埴輪は信仰の対象物として扱われていたため、それらと同じように信仰が起源とする説があります。

平安時代におきましては、人形(ひとかた)形氏(かたしろ)といった疫病を払うための物として、また、災厄の身代わりを願う物として作られたとされており、それらに共通して言えることは、宗教的、神事的なものとして作られたものということです。

それから後に、人形や形氏は川に流して災厄を取り払うという風習が薄れていき、その後は子供の誕生と共に子供の枕元に置いて、生まれた幼児に降りかかるけがれや災いを移し守る天児(あまがつ)這子(ほうこ)が作られ、それが主流となって広まっていきました。

また、平安時代では紙で作った人の形の人形を御殿の中で遊ばせる雛遊び(ひいなあそび)なるものが貴族の女の子の間で流行し、これが主たる起源となったのではないかという説があります。
紙で作った人形を川に流す流し雛や、紙の人形を御殿で遊ぶ雛遊びなど、平安時代から雛という言葉が頻繁に使われるようになりました。

安土桃山時代に入りますと、ひいな祭りと呼ばれていたものが雛祭りへと変わっていくのです。
その雛祭りへと変わった月日が3月3日だと言われています。

雛人形商品一覧 | 岩槻人形優良店会

江戸時代の雛人形

江戸時代に入りますと、形氏の名残を残す男雛、女雛一対の内裏を飾るだけの立ち雛飾りが作られるようになりました。
現在の雛人形は座った姿勢となっていますが、江戸時代のその頃は立った姿勢の人形だったのです。

それから月日が経過し、立った状態の立ち雛飾りは姿勢を変えて座った姿勢となり、座り雛として姿を変えていきました。
この座り雛が現在の雛人形の原型と呼べるものです。

座り雛が出来た当初は、クオリティがそれほど高いものではありませんでした。
座り雛の質感を高めようと、人形職人はより精巧な座り雛を作るようになっていき、質感が向上していったのです。

精巧な座り雛が作られると共に、十二単の装束を纏った元禄雛や、大型の享保雛などが作られました。
これが江戸時代初期のことです。
江戸時代初期には、現在の雛人形に近い人形が作られていたことになります。

江戸時代の後期に差し掛かりますと、座り雛の質感はさらに向上し、宮中の雅な装束を正確に再現したものが現れ、現在の人形に近い古今雛が登場しました。

18世紀の終わり頃には五人囃子が付属するように

その後、18世紀の終わり頃には五人囃子が付属するようになります。
五人囃子が付属されるようになってから、幕末までには官女や随身、仕丁などの添え人形が考案されて付属されるようになり、人形は賑やかな大所帯となっていったのです。

そして、嫁入り道具なども付属されるようになり、セットがますます増えて、人形としてのスケールが大きくなっていったのです。
この時代までは、雛祭りは宮廷や武家の間でのみ行われていた行事でした。

しかし、1700年頃から庶民の間でも雛祭りが行われるようになっていき、庶民が雛祭りを行うことによって、庶民も雛人形に触れ合う機会が与えられるようになっていきました。

江戸時代が終わり、その後明治時代へと突入します。
明治時代のものは、現在のものと比較しますと大型で豪壮で、その家の権勢を誇示するかのような派手な人形が増えていったのです。

その豪華さや大きさで、その家柄を見ていた時代と言えるでしょう。
明治時代は江戸時代の武家の名残があったと言えます。

雛人形からその時代の背景を見て取ることができる

明治時代では大型で豪壮だったものも、大正時代に入りますと人形と道具が一式となったセットで出回ることが主流となっていきました。
それは大正時代の中期頃で、その頃に入りますと、大型で豪壮な人形のブームは落ち着きを見せ、小型な人形が登場するようになり、御殿飾りのセットなどが流行するようになったのです。

大正時代が終わり昭和時代に入りますと、関西地方で流行した御殿飾りや15人の人形が集まったセットが流行するようになり、その頃の経済が高度経済成長期であったりバブル時代であったことから、時代の象徴として豪華な飾りや装飾がされるようになりました。

この頃のものが最も豪華だったと言えます。
それから時代は進み、昭和時代から平成時代へと移っていきますと、今度は核家族化や建築の飽和状態による住宅面積の狭小化といった事情によって、豪華で場所を必要とする人形セットのニーズが薄れていくようになり、その代わりに、男雛と女雛の2体だけのコンパクトな人形がブームとなっているのです。

このように、雛人形の歴史を見ていきますと、その時代の背景を見て取ることが出来ます。
どのような目的で作られたものなのか、それからどのように存在意義が移ろっていったのか、外観の変化には権勢の誇張やその時代の経済状況などが反映されている等、興味深い事実を知ることが出来るのです。

その歴史が古いだけに、存在する意味などが変わっていった人形と言えるでしょう。