東京の株式会社ゴールドリンクは千代田区に本社所在地がある企業で、主に純金の積立商品を取り扱い提供しています。
2010年の設立以来10年以上の歴史と実績を持ち、従業員数が20名未満の小さな会社ですが、大阪と仙台にも支店を置いているほどです。
金の魅力に精通しているのが特徴で、魅力と価値を広く伝えるべく、ゴールド積立くんという商品を通して資産保全の実現をサポートしています。

➡︎株式会社ゴールドリンクの求人・中途採用・転職情報

主力商品のゴールド積立くんの特徴

主力商品のゴールド積立くんは、最初に購入価格を確定するコストが明確な商品で、毎月無理なく純金を買い増していけるのがポイントです。
月々のコストは数千円からと手軽で、お小遣い程度の予算でも気軽に始められるのが魅力です。
またオーダーメイド設計にも対応していますから、希望を伝えることで要望に合わせた商品の提案が受けられます。
金価格が上昇しても余分なコストは発生しないので、価格変動に振り回されやすい投資商品とは一線を画します。
金地金のインゴットを購入しようとすると手数料がネックですし、手数料が掛からない購入だと数百万円の資金が必要になります。
しかもまとまった現金の用意が欠かせませんから、一般的なサラリーマンにはハードルが高く、簡単に購入を決められるものではないでしょう。
その点、株式会社ゴールドリンクのゴールド積立くんであれば、投資の資金が限られていてもkg単位のインゴット購入が目指せます。
1回にまとまった量を購入するのは難しくても、複数回に分けて少しずつ買い増せばやがて500g、1kgと保有量が増えていきます。
勿論、購入した純金は保管を任せられるので、金庫を設置したり貸し金庫を借りるなどの手間やコストは不要です。

将来的にインゴットなどの形に変えて受け取れる

純金は購入後に自動的に保管が始まりますから、特に手続きの手間もなく楽々便利で快適です。
純金積立は実物を手にしたり見られないのが欠点ですが、株式会社ゴールドリンクであれば将来的にインゴットなどの形に変えて受け取れます。
純金の重みや輝きが楽しめますし、手元において置ける喜びや安心感が得られますから、現金化の他の選択として検討できます。
インゴットを精錬加工で分割したり、各種金工芸品の取り扱いにも力を入れている企業なので、節税や金保有の相談先として頼りになります。
金は地球上における埋蔵量が決まっていて、長期間にわたり変質しにくい安定した性質と、工業的にも重要な価値を持つ特徴を併せ持ちます。
つまり希少性が高くて価値が損なわれる心配がなく、需要が高い為になくてはならない素材だといえます。
宝飾分野では独特の魅力ある輝きが価値をもたらしますし、大昔から人々を魅了してきた歴史があります。
その為、無国籍通貨のような側面が存在しますし、国や地域に縛られず世界中のどこでも現金として通用する換金性が発揮されます。
動かせない不動産とは全く性質が異なり、分散させて保管したり加工して形を変えて保有するのも容易です。

常温でも酸化して劣化したり火災で炭化するなどの心配もなく安心

また、金は耐熱性が高い金属ですから、一般的な火災で溶けてなくなることはまずないです。
耐火金庫に入れておけばより安心ですし、常温でも酸化して劣化したり火災で炭化するなどの心配もなく安心です。
株式会社ゴールドリンクが純金積立に力を入れている理由の1つには、インフレに強く有事の際に価値が再評価されることが挙げられます。
金価格はインフレによる資産の目減りの影響を受けず、有事が発生する時に上昇に転じやすいという性質があります。
有事で国家の不安が高まると、人々は通貨ではなく実物資産を評価したり求めるようです。
これまでも金は有事の度に価格が上がり、今では1gあたり7千円近くにまで上昇しました。
この価格上昇は過去の歴史の中でも大幅な上がり方で、長らく続いてきた4千円台の推移からするとかなりの上昇トレンドです。
当然ながら今後も金価格が上がる可能性は十分にありますし、希少性が再評価されたり有事が発生する度に、8千円9千円と上昇していくことが考えられます。
純金の保有方法は様々で、インゴットを金庫で保管したりコインや工芸品の形で保有する方法もありますが、比較的安心安全なのは純金積立です。

まとめ

株式会社ゴールドリンクのゴールド積立くんは実績がありますし、プラチナやパラジウム、シルバーといった貴金属の取り扱いもあるので購入相談に最適です。
問い合わせはフリーダイヤルで気軽にできますし、資料を請求したり説明に耳を傾けてから購入の検討が可能です。
実際に購入したお客さんの喜びの声が公開されていますから、こういう客観的な評判に目を通して参考にするのもありです。
純金は平時の価格変動が小さく、短期間におけるハイリターンを求めるのには不向きですが、しかし資産の保全を重視する場合には有力候補となります。
長期的に安定した保有が望めますし、有事があれば価格上昇による売却益のチャンスが生まれるので、そういう意味でも購入を検討する価値は大きいです。