資金繰り

①現金の管理と帳簿上の管理をしっかりと行う

効果的に資金繰りを行うためには、帳簿上の売り上げや利益と実際の現金の管理を明確に行わなければなりません。
日本の生週間では売掛と呼ばれる実際には入金がないのに帳簿上利益を得ていることになる状態が非常に多くなっているのが特徴です。

そのため帳簿上の収入と実際の現金の入金の間に支払い等が発生した場合、もう支払いを行うことができず不渡りを出してしまうことになり最悪の場合には倒産となることも多くなっているのです。

資金繰りを上手に行うためには現金の管理と帳簿上の管理をしっかりと行う必要があります。

最近ではファクタリングなどを利用してとりあえず支払いのための資金を確保することもよく行われていますが、ファクタリングなどを利用する場合には現金を入手できるタイミングが早まる代わりに、実際の現金の金額が手数料を差し引かれるために少なくなってしまうことになり、総合的な利益が少なくなってしまうことになります。

帳簿上はこの手数料は損金として扱われるため、実際の利益の数字には影響しないのですが経営状態を圧迫することになり様々な現金取引において支障をきたすことになってしまうので注意が必要です。

②ファクタリングは多用すると経営が苦しくなってしまうケースが多い

またファクタリングなどを利用して現金を先取りした場合、本来の売り上げに対する現金の入金がなくなるため、様々な支払いの予定に対する現金のやりくりが難しくなることが考えられます。

そのために再度ファクタリングなどを繰り返し自転車操業のような状態となってしまうことも多いため、経営が苦しくなってしまうこともあるのです。
そのため単に現金を入手するために目先の方法を利用するのではなく、様々な入金や支払いの状況を予測して効果的に利用することが必要になります。

従来は手形の先取り等で現金を早く入手する方法が中心でしたが、この場合には代金を支払うべき相手が日までに支払うことができなかった場合、その責任は手形を裏書した側に至るため、着実に支払いを行わなければならないと言うリスクがありました。

ファクタリングは売掛債権を買い取る形となるのでそのリスクがなく、安心して現金を使用することができるため非常に広く利用されています。
当然の資金繰りを改善するためには非常に便利な方法ですが、あくまでも売掛債権の先取りであり長期的にはキャッシュフローが乱れてしまうことになるため注意が必要となるのです。

効果的に資金繰りを改善するためには長期的な資金計画をしっかりと立て、その中で有効にファクタリングなどの手法を利用することが必要です。

・・・資金繰りを改善!資金ショートを回避する方法とは?