株式会社アトックスは原子力関連施設のメンテナンス企業として、国内の原子力発電の発展に貢献してきました。
原子力施設の運営サポートは、それまで未知の領域でした。
浮かび上がる課題を一つ一つ解決することが重要な業務です。

 

放射線管理と除染

業務の中核となるのが、放射線管理と除染となります。
厳しい条件の下、多くの先人たちが総力を結集しながら安全施設の維持に努めてきたわけです。
現在日本各地に原子力関連施設は設置されており、同会社はそれらの多くでメンテナンスサービスを提供しています。

経済産業省のエネルギー基本計画において、原子力発電は依存割合の縮小がうたわれています。
但し、継続的な活用に関しても明記されました。
同会社は顧客である電力会社等の要望に基づき、施設内のランドリー業務から廃炉工事に至るまで携わることになっています。

特にメンテナンス関連の最新機器の開発に期待が持たれているわけです。
同会社は長年にわたり技術力を培ってきた歴史と実績があります。
加えて未来に向けてのたゆまぬ努力が同会社のアドバンテージとなっています。

 

多彩で高レベルの人材力

その原動力は、依頼された業務課題に迅速に対応できる機敏性にあります。
それを可能にするのが、多彩で高レベルの人材力だと言えます。
株式会社アトックスは、顧客の要望に応えられるよう高品質なサービス提供につとめてきました。

たゆまぬ技術開発は、豊富な知識とスキルの蓄積につながります。
同会社は社内に開発部門を設置して、確かな技術とノウハウを受け継いでいます。

その中核を担うのが技術開発センターで、基礎研究や最新の技術開発が行われています。
特に短期間での新技術の開発に強みがあり、多くの技術者が日夜奮闘努力しているわけです。

電力会社などの顧客からは、多様なニーズが寄せられます。
それらを集約しながら、長期のメンテナンスに対応可能な技術を確立します。

 

日本の原子力関連施設の発展に大きく貢献

それがメンテナンス企業としての重要な役割だからです。
加えて海外企業との連携を図ったり、ジョイントベンチャーの設立なども行っています。

それが技術力の向上にもつながるわけです。
同会社は組織一丸となり、現場に必要な技術を積み重ねてきた歴史があります。
それが日本の原子力関連施設の発展に大きく貢献したと言えます。

日本のエネルギー産業は、持続可能な環境の実現に取り組んでいます。
同社も全力をあげて、その取り組みをサポートするとしています。
株式会社アトックスのサービスを支えているのが、優れた人材力です。

高品質なサービスを提供するには、高レベルの人材を幅広く育成する必要があります。
同社に入社した新人社員は、OJTをはじめとする技術研修を徹底的に受けることになります。
その中で業務に必要な知識とスキルを身につけ、現場の即戦力になれるよう指導されます。

 

既存社員に対しても反復研修が行われスキル維持に努める

講師には社内外のベテランや専門家があたり、幅広い領域のスキルを磨きます。
それは原子力設備にとどまらず、非破壊検査やポンプ設備などのトレーニングに至ります。
それぞれの作業ステップをしっかり学び、役割分担などの大切さを修得することになります。

既存社員に対しても反復研修が行われ、スキル維持に努めています。
ステップアップのための研修も段階的になされており、社員のモチベーション向上が図られます。
同社は人材育成を最優先課題に挙げており、社員全員が高い社会性と自主性を備えることを目指しているわけです。

豊かな人材力と確かな技術力のシナジー効果により、同社は信頼されるサービス提供を行っていると言えます。
株式会社アトックスはサービス品質や製品価値を高めるべく、最新技術による技術開発に力を入れています。

特にITを中核とする領域において、多様なインフラに投資がなされています。
それが小型遠隔除染装置やドローンなど、高線量環境下での無人作業につながる技術開発につながります。

 

海外企業とも提携して世界有数の廃炉技術を取り入れる

こうした技術は作業員の安全確保に不可欠であり、今後も投資に力が注がれると言えます。
同会社では金属廃棄物や放射線廃棄物の処理に関しても、減容と分別技術が開発されています。

海外企業とも提携して、世界有数の廃炉技術を取り入れているわけです。
同会社は製薬会社や病院、大学などのRI(放射性同位元素)取扱施設に対してもサービスを提供しています。

RI施設では作業環境測定をはじめ、設備・機器のメンテナンスなど多様なRI業務が発生します。
同社では各種機器のメンテナンスや運転助成を通じて、バックアップしているわけです。

放射線管理のノウハウを活用することで、核医学医療の領域の発展にも貢献することになります。
放射線医学の研究所とも共同研究を行っており、高感度で低コストのPET装置などを開発した実績があります。

 

まとめ

さらに、新たながん治療法の開発にも取り組んでいます。
核医学を中心にする医療事業への取り組みは、今後もさらに加速すると予想されます。
同社の技術開発センターは、技術開発の中核を担っています。
そこは高度なサービス提供の拠点になるわけです。

 

アトックスの福島復興支援のまとめ|restorationF|noteより引用